美容と言う仕事に出会い、作ることの面白さと工夫、表現する楽しさと悩み、教える難しさと教えられる喜び、変わらぬ道の中で、線から面(髪から顔)そして立体から空間(服からライフスタイル)までを仕事として体験することが出来たのもすべて今日の為だったのでしょう。

そんな中で起こる
矛盾の解決の入り口がデザインでした。私たちにとって余りにも日常的な4文字ですが、ここに過去からの大いなる遺産と英知が具体的に様々な物となっています。

「こんにちはザビエルです。」気が付くと、皆様の前に立ち、皆様と共に歩いておりました。
出会いが積み重ねられていることに気が付くと、目の前にある今が大きな好奇心となって広がるのを感じます。

それは
、特別な人のためのものではなく、誰もが必要としている具体的な工夫でありライフスタイルをよりよいものにする知恵の結晶です。

そして、それは誰にでもある自らを活かすための可能性の入り口だと思います。そして
物による、技術による、方法による差別化時間と共に同化する事があたり前になった今、あなた自身の存在感が2つとない大切なものであることが一層よくわかります。

だからこそ
自らの可能性を信じ、自らの夢をデザインする。
そんなあなたの
明日創り・リ・デザインを一緒に・・・


 
それは未知数の始まり
 誰にでもある可能性とチャレンジを意味します。誰もが
自分の才能に気づかぬまま過ごしているこ
 とが多いものです。鏡の前にはいつもの自分、でももう一人の自分が鏡の向こうに必ずいるもので
 す。

それは創造性の始まり
 自然と人工の調和の中に新しい面白さが生まれる。それぞれの
喜怒哀楽を五感に働きかけ価値観
 の豊かさをアートとして教えてくれる・・・

そこには変化の入り口がある
 すべての物が進化するプロセスの中で新しい技術と
価値観を見つけていく。それは身近な変化への
 好奇心と工夫の追求に欠かせないキーワード。

それは性への目覚め
 限りある時間の中でレベルアップを楽しさに変えていく事が大切です。それは発信する
ものと受信す
 るものとのテーマの共有が必要になります。オシャレは造りての技術と作られた方の表現力そして
 出会いの喜びが一致してこそ生かされる個性になるのです。

それは優しさの始まり
 最も意味のあることは続けられるということ。それにはやさしさが必要なのです。
体に、経済にそして
 方法にやさしさが必要なのです。どんな進歩であっても多くの方の願いにならなければ続けていくこ
 とは難しくなります。

分かち合う感動との出会いを目指します
 一筋の光が輝きと影を造ります。輝きも影も共にまぶしさにかえることはできないのか、技術の進化
 にはなぜという理論に基いた限りないチャレンジスピリットが求められます。

 学ぶ楽しさ、伝える喜びそれが共に分かち合う感動への道しるべなのです。

未知数、可能性
Art;創造性(自然に対して人工的)
VARIOUS同類で様々の、変化
IMPRESS;印象づける、感動させる
Easy&Economy簡易性、ゆとりある、経済性
Ray;輝き、ひらめき・・に光を当てる

デザインが新しいページへの扉です。
物作りという実用の
第一段階から計数管理という生産性の追及、そして個別創造
という質への価値観提案
と、すべてが進化していきます。このプロセスを知り、タイ
ムリーに楽しさを表現すること。


これこそがデザインそのものなのです。
新しいクラブの始まり。オリジナリティーの発見を目指し、いつもアンテナをとぎす
ましているプロフェッショナルの為の情報の交流と発想開発ための出会いを
目的
として、「
伝え、広める」と言う願いの中からザビエルとしました。


        

豊かにあわせて文化が成長し、すべての分野で有知化が進み、個別創造の階段にたどり着い
た現在ですが、その願いを具体的にする事こそが、従来の物の進化にあわせた
付加価値の提
から、新たな価値観の表現そのものだと思います。

それは衣食住から遊創美にいたるまで、デザインというハードルをクリアすることから問題
の解決、個別創造の実現が可能になるのです。

そして、特に人の成長におけるバックボーンを見つめますと、
不足と不便の中にあってこそ
内から外を造るという考え方がライフスタイルとしての
美意識であったようです。

しかし、時と共に
充足と便利さの渦は自己追求をその時をと言う願いの中でスピードを求め
ることが基本となっています。

それは、
外から内を作るという考え方であり、ソフトの転換を意味するものです。
こういった時代背景から
外観の表現をデザイン的な視点から構築することが今まさに求めら
れているのです。